メインイメージ画像

皮膚が傷つけやすい!

知っておきたい包茎の基礎知識についてですが、勃起した時ではない普段に、亀頭が皮膚により覆われているという状態であります。包皮の余りが多くて、皮膚の一部分(もともと包皮口であったという所)が狭くて、カリ首の下のところで引っかかってしまい「剥けている状態」の潜在的絞約型包茎の人が多くいるのです。見た目は問題ないですが、常に狭い皮膚に負担がかかってしまうので、皮膚が傷つきやすくなり、皮膚が切れ包皮炎へと進行してしまうことが多いのです。若い年代の人は新陳代謝が良いのでこういった症状はあまり出ないですが、年齢が進むに連れて、症状が現れる可能性が高くなるのです。症状が出て悪化しますと痛みが強くて、SEXは難しくなってしまい、シャワーを浴びるのもつらくなります。手術だけが直せる方法なのです。



包茎の矯正器具をここに紹介いたします。1つ目が商品名はかせー君です。巻き付けるタイプであり、太くても対応ができます。布製の商品で、自然に感じる装着を期待できるもので、洗った後の替え用でいくつかの購入をおすすめです。続いて黄色いリボンですが、装着方法を変えて頂ければ、様々なサイズへの対応ができます。

つまみを回転させ、余った包皮を根本に寄せて亀頭を露出させます。包皮にむき癖をつけるのです。装着したまま性交しましたらつまみが女性のクリトリスに刺激が伝わるのです。根本へ装着していただくタイプでありますので、重度仮性包茎でしても亀頭を出し続けられるのです。真性包茎にも対応していまして、自分の形・固さ・大きさに合わせて、フィットするものを選んでいただくようにお願いします。